2020
05.27

解除はされても

Category: RO
ぐなこです
なんか最近酒に弱くなった気がする







今日は暇だったので、天一に開店特攻
豚トロチャーシュー並を貪る。美味い!テーレッテテー
その後は・・・今日予定ないしなぁ。何しようかなぁ

そういやホームのゲーセン営業再開したんだっけ
どうせ人少ないだろうし、マスク着用でちょろっと遊んでくるかなーと足を運ぶ事に
案の定大変少なかったです。それでもメダルには一定数いるのが恐ろしい・・・


もうかなり長い事やってなかったのもあり、譜面認識も打鍵力もぐだぐだでした
『やばい光らないやばいあかん』とか思いながらやっても面白くない!
ので、それこそ全くやってなかったギタフリの方へGO
昔はメインだったのですが、左手小指を粉砕骨折してからは疎遠になってたんですよね
地味に痛いハンデですが、またある程度出来る様にリハビリしたいと思います

しかしマスクつけて音ゲーやると息苦しい・・・



以上、今日はもう疲れたよパトラッシュ
次は石川北部一周したいなーとか思うぐなこでした。地味に珠洲市行った事ないのだ



↑ぐるーっと回ると結構な距離ありますね。そしてその先には海しかないという
因果な県です。山梨住みの人が本当に羨ましい


Comment:0
2020
05.26

そーびこーしん

Category: RO
ぐなこです
右手薬指の第二関節を蚊に刺された。滅べ







今までエル原とかオリ原って殆ど自分用に使ってて貯めに貯めていたのですが
どういうわけか、オリデオコンが凄まじい暴騰を見せているではないか(1個60k↑)
エルも高い。何でだろう・・・
これ売っ払えば装備超更新出来るんじゃね?と考え露店を置いたりして3日
250個のオリと200個のエルを売った結果、そりゃもう所持金が凄い事になりました
ので、一気に更新しちゃえ!と思い切って色々購入


2561.png

まずコレ、ヒール回復量35%の杖

2562.png

念願の2kヒールに届きました。やったぜ
2.5kとか出してる人はどんな装備なのだろうか・・・?


2560.png

武器をひとつ新調。対火特化のパイクです
ガチガチに特化しました。対火89%!


2559.png

試しに水付与してぶん殴ってみましたが、大変満足なダメージが出ました
しかしこれでも無付与じゃラヴァゴレ1確出来ないという。Strカンストすりゃ出来るかな?


2563.png

装備の全体像はこんな感じ。頭にマルドゥークcを刺して沈黙耐性ゲット
盾は先日書いたメデュ盾。この組み合わせはハーピーで使えと言わんばかりですね!
パイクでメデューサ1確するのにどんな武器が必要かわからないのが難点
Atk55無特化9%のパイクにQBdで届くだろうか・・・?


ここからは・・・そうですね、肩をレイドにして靴をベリットかマーターにしましょう
全部お高い!また金策再開ですね!
サブプリももうちょいマシにしてやりたいですが、まだ我慢してておくれ
今はメイン垢近接職の装備を整えるのが先なのさ・・・



以上ごめん短い!寝る!ぐなこでした!



↑前記事のコメントにも書いたんですが、ゆるキャンのメイン4人名字って都市名じゃないですか
名古屋周辺なら全部行ったろ!と思ってたら志摩リンだけ遠すぎない?イジメか?


Comment:2
2020
05.25

酷道には酷道をぶつけんだよ!最終回

Category: RO
ぐなこです
4記事で済んだ







続きから。ゲートおにぎり酷道とテンションブチアゲ状態です


2542.png

離合(すれ違い)なんぞさせてやるものか、という強い意志を感じます


2543.png

ところどころにあるストレートが妙に長い上に、避難所と避難所の間が長い!
まぁ直線だしバックすれば良いんですが。この直後に軽ワゴンとすれ違いました
走り慣れているのか、向こうはこちらを視認後すぐにするするバックして避難所に入ってくれました
私『ありがとう!』
彼『気ぃつけてなー!』

本当にありがとう・・・


2544.png

やはり離合なぞさせる気のない橋


2545.png

今回はそんなに落石なかったです。あってもちっこいのがころころとだけ
昔157を走った際、これどかさなきゃムリだってレベルの落石に遭遇したんですよね
大人二人で持ち上げて路肩に置きました。懐かしい


2546.png

こういう余裕のある道は撮影出来ますが
カーブミラーは当然なし、落ちたら崖。死ぬ程多いブラインドの1.0車線カーブ
道には落ち葉、勾配が激しい
・・・と、殺意に満ちた状況が続きます


2547.png

こういう風に、完全に先が見えない下りカーブ等も
最徐行で行きましょう


2548.png

もう洗い越しがどうとか喜んでられません
気温のせいではなく、緊張と喜びで冷や汗が出ます


2549.png

こういう酷道にありがちな、唐突に現れる妙に広い2車線
当然終わりなワケもなく、少し進めばまた1.0車線のウンコロードです


2550.png

こういう明るい場所はまだマシなんです。暗い所がヤバいんです
途中からは、ブラインドの度に一度クラクションを鳴らす事にしました
功を奏してか、対向車もブラインドで鳴らしてくれました。即座に避難所に逃げ込む私
酷道のマナーみたいなもんでしょうか


2551.png

ふと横を見る。良い渓流ですねぇ
ここで避難所に入り足を浸しに行くか逡巡。だってここ走る機会なんてそうそうありませんから
まぁほぼありませんが、避難所付近で他人がすれ違うとヤバいので流石にパス


2552.png

唐突にこういうの現れると本当にビビります。その先にはなんと2車線道路が!
157にもあったなーこういうの


2553.png

鬱蒼とした山道が続きます。そしてここで私に試練の時が訪れる
何かと言いますと・・・


2554.png

あわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわ

勘弁!やめて助けて!酷道は怖くないけどこういうのダメなんだって私!
ちょっと開けたと思ったら突如これですからね。見た時『っへあやだま』って声出た
数秒耐えるだけ、耐えるだけ・・・わかってはいるのですが、やだ本当に怖い
ここで邪魔にならない場所で停車。長い事吸ってなかった煙草を一本
・・・吸いつつトンネルを眺める。深呼吸だ深呼吸・・・

吸い終わった。火を消し、もう一度深呼吸・・・
意を決してアクセルを踏む。一刻も早く通り過ぎたいが、スピード出すのは危険だ
先にはカーブミラーが見えますし、勢いでぶっ込んで自分がオバケになるとか笑えません
今回の旅で一番印象に残りました・・・


2555.png

その先も悪路が続きます。でもさっきのトンネルに比べたらこんなの快走路だよ・・・


2556.png

そのまましばらく走り続けると、ゲートと高さ制限の看板が
あぁこれは見覚えある。昔連れてきてもらった時と同じだ
という事は・・・


2557.png

酷道区間完走!

少し走ると民家がぽつぽつ。あぁ、やっと・・・酷が終わったんやなって・・・
感じたのは・・・安堵、疲労、達成感、そして少しの寂しさ。終わっちゃったかー・・・っていう
対向車さえ来なければ、日が暮れるまで走っていたいレベルで楽しかったのですが
まぁ終わっちゃったモノは仕方がない。これで酷道ひとつコンプリートだぜ!


後は普通の道を走って帰宅

2558.png

立ち寄りはしませんでしたが、イオン小松店って初めて見ましたよ
めちゃくそデカかったです。石川のイオンはかほく店といいやたらデカいのが多い
そのまま国道8号へ合流、後はブレーキアクセル踏んで直進するだけの簡単なお仕事でした
ブレーキ踏んでどうすんだよ修正だ修正

帰宅、即ベッドへダイブ。ストロングゼロを開けて流し込みました
上級者向けの酷道という事でしたが、確かに初心者にはオススメ出来ない酷道でした
少なくとも、ガードレールがない勾配のある崖道をカーブでバックする度胸が必要です
これが出来ない人が知らずに走ると・・・多分離合時凄い事になります
なので、まずは某サイトの★3くらいから慣らして走ろう!

酷道走破は激しく変な趣味と自覚しています
ガソリン代もかかるし、ただ疲れに行くだけじゃない?という意見も当然だと思います
車で走りたいなら快走路をドライブすりゃ良いじゃん!というのは私も同感です
それでも何か理由をつけるなら、『普通は走らない道を走る』という自己満足くらいです

この一連の記事を見て貴方/女はどう思ったでしょうか
1mmでも楽しんで頂けたなら幸いです。そうじゃない人はバカなヤツだなーと笑って下さい
酷道ファンが少しでも増えます様に!



以上!416は2WDの軽で走る道じゃなかったです・・・
次はどこに行こうかな?まぁ行くとしたらコロナ収束後か!ぐなこでした!



↑バイクで酷道は凄く楽しそうですが、車以上にリスキーなんですよね
酷道の崖下でバイクと一緒に腐乱死体が見つかった、というのは昔聞きました


Comment:2
2020
05.25

酷道には酷道をぶつけんだよ!その3

Category: RO
ぐなこです
思い出が記憶から消えない内に全部書いちゃおう
そして、ここからが本番です







九頭竜湖到着、景色を眺めてからの出発です


2516.png

得も言えぬ美しさがあります。機能美というか
落石防止?積雪防止?どっちもかな?


2517.png

この道名物、突然現れる巨大鳥居
これと同じ画像、前にも貼った気がする・・・気がする?

そしてここで面白いハプニング
前と後ろにいたバイクが60km/hに痺れを切らしたのか・・・
凄まじい勢いで対向車線走って抜いてたんですね
坂になってて先が見えなかったのでしょう
その対向車線の先にはなんとパトカーが!

パトカーは即座にハイビーム、バイク2台は逃げ去る様にぶっ飛ばして行きました
サイレンも鳴らさずUターンもせずでしたが、多分連絡はしたでしょうね
悲しいかな、ここから少し走れば町に入ります。分岐点なんていくらでもあります
目の前で捕まってたら面白かったのになぁ


2518.png

町に入りました。恐竜街道らしいです


2519.png

これも印象深い。走ってると突如右に現れるお城
もう少し先には五重塔もあります。これ何?宗教施設か何かか?

そして本番はここからです


2520.png

この青い道と右の薄い道。どちらも金沢への推奨ルートなのですが
そのふたつを繋ぐ様に更に国道が走っています


2524.png

赤い丸のここ。ここが今回の目的である『国道416号』への入り口です
今回は南からのアタックとなります
157を右折、しばらく先で左折。そしてまた右折


2523.png

2522.png

ポイントオブノーリターンです。ケツイがあれば何でも出来る!


2525.png

序盤は民家が並ぶ普通の道です。若干狭いですが
奥に行くにつれて民家も減り、視界が徐々に緑色に染まっていきます


2527.png

ここでおさらい
国道416号とは、勝山市と石川県小松市を繋ぐ長い山間国道です
距離は概ね44km。何だ短いなラクショーじゃん!と普通は思います
しかしそこは上級酷道。最高速度なんて出せて50km/h、酷な場所は30km/hも出せません
それを踏まえた上でどうぞ


道なりにざーっと進む。そしてそれは唐突に訪れた


2528.png

一気に上るボルテージ
これこそ私が求めていた光景である、看板である
ここからはBGMをオフにします。対向車の存在に少しでも早く気付く為です

さぁ、勝負だ416!


2529.png

おぉ狭い狭い。やっぱ酷道ってのはこうでなく・・・?
あれ?


2530.png

民家が点在しています。けど廃墟かな?


2531.png

更に奥にも民家が道沿いに。結構新しそうなので人は住んでそう


2532.png

相変わらず細い道を進む。けど路面が・・・綺麗・・・


2533.png

出た!酷道名物路上河川!通称洗い越し!
この直後に、カーブの先からロードバイクが降りてきました。やっぱ走る人いるんすね・・・


2534.png

その後も進むが・・・


2535.png

路面状態は良好、ガードレールも妙に新しい
ぶっちゃけ期待してたのと違う・・・?


2536.png

ふと停車して振り返る。走ってきた道だが、やはりかなり綺麗に舗装されている
景観的にもなかなかである


2537.png

アルェー?等と思いつつ走っていたら、妙にあっさり県境まで来てしまった
不要不急の看板がここにも。すんません思いっクソ不要不急です・・・


おかしい。ここは本当に416号か?
おにぎりがある以上否定は出来ないのだが、もしやここ数年で完全に整備されたのでは?
・・・これはハズレかなぁ・・・と思いながら車を走らせる

2538.png

2539.png

うん、416号だ。間違いない
しかしその数分後


2540.png

下がったテンション一撃で元に戻す光景が
これだよ!


2541.png

通行止めのゲート、それに並び立つおにぎり、そして一気に昏くなる道
あぁ、遂に416が始まるんやな・・・



以上!つってもそのまま次書くんですが
貴方の期待通りのモノは見られるかな?ぐなこでした


Comment:0
2020
05.25

酷道には酷道をぶつけんだよ!その2

Category: RO
ぐなこです
山の中走ってるとたまに変な虫が車に入ってきてキレそうになる







さて前回の続き!


第2チェックポイントである道の駅たいらで30分程休憩を取った後に出発

2482.png

道の駅飛騨白山
寄るか死ぬ程悩んだ。ここの無料足湯は最高に気持ち良いのです
けど今回はスルー。次は来るからな!


2483.png

iPhone表記はこんなですが、実際には22度前後と涼しかったです
アテにならんヤツめ


2484.png

ダム!何ダムかは知らんがダム!
多分だけど・・・御母衣ダム?


2485.png

最前列にて待機。オイゴルァ早くしろ免許持ってっからよォ!


2494.png

2496.png

やぁやぁ、これは絶景ですねぇ
ダムは妙に人の心を惹き付ける。何故だろうか


2490.png

やっぱ御母衣ダムであってるかな?
なんで読むんすかねこれ!


2497.png

国道158号との分岐点。ここからしばらくは156との重複区間となります
158は昔は素晴らしい酷道だったのですが、今は整備されてそこまででもない模様
終着が長野なので行き辛い・・・


2498.png

何滝か忘れたけど滝!
心が癒える。マイナスイオンをその身に浴びるのだ


2499.png

溺れるんじゃなくて激突して死にますねこれは・・・


そして、個人的には第3チェックポイントである


2500.png

白鳥ループ橋へ到達!人がいるぞ!
そしてやっとコンビニ発見。マッハで立ち寄る


2501.png

ローソン郡上白鳥店にて昼飯購入。Lチキ美味しい
謎の『私はここで買ったぜ』アピール。いいじゃん!


2502.png

右折待ち。右手に見えるのがループ橋でございまーす

右折、GO!おぉぉぉ体が斜めになるるるるるるるる
こここここもひさひさひさしぶりりりにきたなああああばばばばばばば
終わった。ちょっと酔った


そしてお楽しみはここから!


2503.png

ループ橋を抜けて山の上に到達。凄まじくスネークな道になっております
今は縦貫道という新道が出来て、そっちを走れば超楽ちんなのですが
用があるのはこっちの旧道!名を『油坂峠』!
当然こっちを走ります


行くぞァー!


2505.png

・・・国道です


2506.png

国道ですよ?


2507.png

いや本当に、国道ですってば


2508.png

ほら見ろ国道だろ!


おにぎりが見えると安心しますねぇ。ここは天下の国道なのさ!
まぁ酷道とは呼ばれていますが、落ちたら確実に死ぬポイントはないので安心です
ガードレールがなくて踏み外すと直下なポイントは多々ありますが・・・
まぁ1.5車線くらいありますし、ここで死ぬ人はそうそういないでしょう


2509.png

ここが峠の頂点。ここに停めて一服したのはもう何度目だろうか
良い景色ですねぇ。見えてるのは白鳥?どこ?わからん!
10分休憩して再出発


2510.png

キツい区間は越えましたが、まだ少し酷道は残っています
ガードレール?段差?あるわきゃねぇだろ!落ちろ!落ちたな!
すれ違いは割と緊張します。相手が大型車なら大人しくバックして待避所まで行きましょ


2511.png

暗くて見えませんが、あそこが縦貫道との合流地点
後は快走路です。中央線あるって良いよね!


そして第4チェックポイント到着


2512.png

2514.png

2515.png

九頭竜湖!フォー!!

名前がかっこいいぞ九頭竜湖!
いつ見ても風光明媚ですね・・・エンジンを切ると凄く静かになります
この景色だけでも来た甲斐があったというモノです


2513.png

九頭竜ポエム
・・・もとい、九頭竜川って曲です。五木ひろしだよ歌ってるのは!
気になる人は調べてみて下さい


十分に自然を堪能した後は再出発。一路国道416号を目指しましょう



以上!その5くらいまでいきそうなくらい写真撮ってんだけどアホなの
これ終わるまでRTの事書かないので、どうでもいい人はスルー!ぐなこでした!


Comment:0
back-to-top